顧客セグメントを理解する

顧客セグメントについて「最も多く購入された商品」などの特徴を把握できます。セグメントからの売上の計測や、コホート別のNヵ月LTV、F2転換率などでセグメントの傾向を理解しましょう。

顧客セグメントの特徴を把握する

顧客セグメントに対して、「どの商品の購入者が多いか?」「どの集客チャネルから来た人が多いか?」といった特徴を分析することができます。
施策の内容を検討する際に参考にしてみましょう。

ユースケース

  • 離反した顧客セグメント向けに、人気のある商品に関するWin backキャンペーンを企画する。

  • ロイヤル顧客が多く購入している商品カテゴリーを参考に、リワード施策を検討する。

  • ある商品を好んで購入する顧客セグメントで、2番目に多く購入されている商品のクロスセル施策を実施する。

  • 新しい商品のプロモーションに最も効果的なチャネルを見つける。

gl-understand-segments-1
gl-understand-segments-1

顧客セグメントからの売上を計測する

作成したセグメントからの一定期間の売上や購入率を計測することができます。

ユースケース

  • 注目している顧客セグメントの月次売上をモニタリングする。

  • キャンペーン期間における、複数のセグメントからの売上や購入率を比較する。

  • 同じセグメントに対する複数の施策の売上データを比較して、効果が高い施策を見つける

gl-understand-segments-2
gl-understand-segments-2

Nヵ月LTVをコホート別に分析する

コホートは「世代」と訳すとイメージしやすいです。
世代を経るごとにストア顧客の行動がどう変わってきたか?を分析することで、LTVなどの長期指標を簡単に管理できるようになります。

LTV向上施策の評価にコホート分析が最適な理由

  • ECストアの持続的な成長を目指すために、LTV(顧客生涯価値)は最も重要な指標です。

  • ですが、実際にLTVが向上しているかを把握するには時間がかかります。日々のLTV向上施策の成果を比較的早く確認するには、Nヵ月LTVをKPIに置くことが大切です。

  • 新しいコホートでNヵ月LTVが向上しているかを追跡することで、LTV向上に向けたPDCAを素早く回すことができます。

gl-understand-segments-3
gl-understand-segments-3

まずは無料プランから。
Shopifyアプリストアでインストール

Shopify以外のプラットフォームでECPowerを利用したい方へ

ECPowerの次のインテグレーション先に投票してください!
Thank you! Stay tuned for our updates!
An error has been occurred. Please check again.
Testimonials bakery Image
顧客セグメント起点のPDCAサイクルを回すことが可能になりました。

食品EC

ECPowerは注文・行動データ("商品の購入経験"や"注文タグの有無"など)を使ってセグメントを作成するので、購入商品別や購買目的別の顧客セグメントでLTVメトリクスの管理・比較分析ができます。また、プロモーション施策の結果を顧客セグメント単位で把握できるので、例えば効果の高かった施策を次に活かすなど、PDCAサイクルを回すことができています。

マーケティング・CRM施策を、すぐに実装できるようになりました。

化粧品EC

顧客に対するプロモーションを実施する際に、今までは自分で注文データ集計をしてリストを作成していました。ECPowerでは、すぐに・直感的に顧客セグメントを作り、プロモーションを実装・効果測定ができます。集計作業にほとんど時間がかからなくなったので、業務が大幅に楽になりました。施策の結果も可視化できるので、以前にも増してPDCAを素早く回すことができています。

セグメント配信で開封率が10%向上し、CVRも2倍近くになりました。

ギフトEC

メールの一斉配信では、どうしても当たり障りのない文面になってしまい、お客さまからの反応があまり良くありませんでした。ECPowerで顧客セグメントを作ることによって顧客解像度が高まり、リピート施策にも手ごたえを感じています。何よりも、お客様の顔をイメージして文面を工夫することができるようになり、施策を考えることが楽しくなりました。

ECPowerを活用してLTV向上に取り組むパートナーさまを募集しています!
クライアントプロジェクトでの活用や、アプリ連携のご相談はこちら
高機能なメール配信アプリを利用しています。ECPowerを併用するメリットは?

セグメントの成長をデータで追いかけたい場合や、カスタマージャーニーを管理したい場合、ECPowerで顧客セグメントを管理するメリットがあります。
詳しくはこちら