プロダクトロードマップ

ECPowerの今後のアップデート予定を公開しています。
いいと思ったチケットは、ぜひLikeをお願いします!

優先的な開発チケット

セグメント作成日以前のメトリクスや売上を再現する機能

顧客セグメントの作成日より前の期間のメトリクスや売上の推移を再現することができる機能を提供します。たとえば財務期間の期中に作成したセグメントについて、財務期間の最初まで遡ったり、1年前の同じ時期までデータを再現して比較することで、現在のメトリクスや売上を評価することができます。これは、計算リソースを多く消費する機能であり、まずは有料顧客に対するオプションサービス(期間やセグメントのサイズに応じた都度課金)として提供される見込みです。

カスタマージャーニーの実装

セグメント間の顧客の移動を「カスタマージャーニーマップ」のような形で可視化できる機能を提供します。

アイディアチケット

CSVアップロードから顧客セグメントを作成する

手元のCSVリストを使って顧客セグメントを作成できます。リスト内の顧客は固定され、メトリクスの推移を追うことが可能になります。Shopifyの顧客データが存在する顧客のみが対象となります。

顧客のステータス(平均購入単価やライフタイムなど)に基づくセグメント作成

個別の顧客のステータスに基づくセグメントを作成できるようにします。たとえば、「平均購入単価」が xx 円 より高い、「平均購入間隔」が xx 日より短い、「ライフタイム (1 回目から最新)」が 6 か月以上、といったセグメントを作成できます。

"特徴"ページのカスタマイズ

セグメントの特徴を分析するページで表示する内容をユーザーがカスタマイズできるようにします。

ホーム画面のカスタマイズ

ホームに表示されるデータを自由にカスタマイズできるようにします。

"F0顧客セグメント"を管理できるようにする

現在は1回以上注文した顧客がECPowerでの管理対象ですが、まだ購入をしていないがメールアドレスを登録しているリード顧客をセグメント作成に含められるようにします。

Shopify管理画面の「セグメント」と同期する機能

現在はShopify顧客タグを介したセグメントの連携を行っていますが、Shopifyの管理画面上の「セグメント」をECPowerから直接作ることができるようにします。Shopifyメールを利用しているユーザーにとって恩恵が大きい機能です。

複数ストア・複数ユーザーの実装

現在は1ストア1アカウント構成ですが、1ストアに対して複数ユーザーでアクセスできるようにしたり、複数ストアに1ユーザーがアクセスできるようにします。たとえば複数人で利用しているマーケティングチームや、パートナーにデータを共有するときなどに活用できます。

実装済みのチケット

セグメント作成のディメンションを拡張

Shopifyの「コレクション」、「商品タイプ」、「国」などをセグメント作成で選択できるディメンジョンのリストに追加します。

顧客セグメント管理のユーザビリティ向上

一覧画面での顧客セグメントの管理機能を強化します。タグなどで顧客セグメントを分類し、分類ごとにビューを作成したり、並び順を変更することができるようになります。ノーションのドキュメント画面のようなイメージです。

Shopifyタグの自動同期

ECPowerの顧客セグメントとShopifyカスタマータグを自動で同期するようにします。セグメントに新しく所属したり、セグメントから外れた顧客へのタグ付与・削除も自動化されます。ECPowerのセグメントを、メールマーケティングやチャットなど他のツールから呼び出すことができるようになります。